ウーマン

理想の街に注文住宅を建てるなら地域に特化した住宅会社へ

建築家に依頼する家作り

夫婦

自由な発想でコストダウン

建て主の要望をゼロから形にしてくれるのが建築家の役割です。京都で建築家に新築の家を依頼する大きなメリットは、建て主の要望に沿って自由に新築の設計をしてくれることです。また、工法、使用部材、設備などもハウスメーカーのように一定の規格が決められていないので、自由に選ぶことができます。建材や設備を1から決めるので、少しずつ予算を削っていくことができるのも建築家のメリットです。建築家から提案される新築プランの魅力の1つに柔軟な発想力があります。例えば、予算が少ない、京都の土地が狭い、変形した土地といった制約がある場合でも、建築家はそれらを逆手にとって斬新なプランを提案してくれます。建築家の仕事は、プラン作りの他、敷地調査、設計管理、建築確認申請などの法的な手続き、工事を請け負う工務店と建て主との調整、予算の管理など多岐にわたります。また、新築工事を依頼する前に複数の京都の業者から見積もりを取って、それらを客観的に比較し、必要なアドバイスをしてくれるので、初めて新築を建てる京都の人にとってはたいへん心強いパートナーです。見積もりが適正価格かどうか、値引きできる余地がないかどうかというコスト的な分析から、工務店の実績や技量についてもプロの厳しい目でしっかりとチェックしてくれます。但し、最終的に工務店を1つに決めて、契約を交わすのは建て主本人です。建築家からアドバイスを得ても、自分達の責任で判断していく姿勢を忘れてはいけません。